2013/11/02

芸術の秋 part 1



すっかり寒くなりましたね。ハロウィ~ンも終わったし

うちの目の前のスタバではすでにクリスマスツリーが飾られてます。

10月はまさに行事ごとが目白押しでした。

KING OF TATTOOから始まり、、







10月半ばにRED BUNNY CREWは浅草に行って参りました。

もー浅草本当大好き!!下町万歳!!ばんざーい!






この度、招き看板の完成祝いで
浅草 彫やす先生の仕事場にお邪魔しました。
限りある枠組みの中に、私達RED BUNNYも入れてくださったので
最高に嬉しかったです。







先生との記念スナップ。みんな緊張して表情が硬い

特に後列、ど真ん中の彫辻バニーさん

目が泳いでます。









招きに因んで、招き猫花魁を描いてお祝いに贈りました。

今回招き猫を調べると、

右手を上げているのがオス猫で
お金を意味して

左手上げているのがメス猫で
千客万来

お祝いで人に贈る場合は左手、

千客万来を贈った方が縁起が良いそうです。





にゃんにゃん。






こんな感じで作業しておりました。これは

日本画といって木枠に絵絹を貼って岩絵の具や水干絵の具

なんかで彩色していきます。

岩絵の具を皿に入れて膠と水を指の腹で溶く

という、結構な手間がかかる作業でした。

しかし1000年は退色しないという岩絵の具は

手間は掛かりますが、魅力があります。


招き看板もこれこそ末永く後世に受け継がれる事でしょう

こんな立派な招き看板に参加出来て光栄です。

彫やす先生

誘って頂き本当にありがとうございました。

今回一緒に宴に参加して頂いた

TAG TATTOOAtsushiさん、川崎さん、永川さん

ありがとうございました。

楽しかったです。また一杯やりましょ~









東京タトゥースタジオ 吉祥寺 RED BUNNY TATTOO/赤兎刺青 Instagram